うぃず

前のページへ戻る

内子町文化交流センタースバル(小田自治センター)(内子町)

写真

名称 内子町文化交流センタースバル(小田自治センター)
住所 〒791-3502
愛媛県喜多郡内子町寺村251-3 map
TEL 0892-52-3117
利用時間 午前9時から午後10時までです。
ただし、申請書の受付は平日の午前9時から午後5時までです。
休館日 月曜日(月曜日が祝日に当たる場合はその翌日)と12月28日から翌年1月3日までです。ただし、必要に応じて臨時に休館することがあります。
駐車場 有り

インフォメーション

内子町文化交流センタースバル

 内子町文化交流センタースバルは、平成11年12月に建てられました。「スバル」という名前は星の集団「プレアデス星団」の和名「すばる」にちなんでいます。「すばる」は集まって一つになるという意味の「統(す)ばる」という日本語です。希望と夢は大きくそして力強く、果てしない宇宙に輝く星座のように、集える人達が輝き、実現するよう一つにまとまり、そして町民の和が出来るようにとの願いを込めて命名されました。
 生涯教育、教育改革、文化交流、児童図書、情報発信の5つの機能を持ち、多くの人に利用されています。
 平日も、広いロビーや図書室には、お年寄りや授業を終えた学生達が集まり、住民の憩いの場となっています。

内部

写真

写真 写真

 玄関を入ると、吹き抜けになっていて開放感たっぷりのエントランスホールがあります。きれいに清掃されており、白色の壁面もとても清潔感があります。エントランスホールからホワイエに続きます。ホワイエには、木目調のベンチが備え付けられており、丸く張り出した大きな窓から外光がたくさん入ります。とても明るく、落ち着いた雰囲気で、ベンチに座って、ゆっくりおしゃべりができる良い空間でした。

 お手洗いも玄関近くにあり、気軽に立ち寄ることができます。表示デザインもとても可愛くて印象的でした。

写真 写真

 1階にある図書室は、16500冊の蔵書があります。明るく広い図書室で学生にも人気です。

 2階には、会議の規模に合わせて選べる大小会議室。映写室、ビデオ編集室が付属した視聴覚室。調理実習ができる調理室も整備されています。

メインホール

写真 写真

 スバルには550人収容のメインホールがあります。
ホール内部は、木がふんだんに使われており、ゆっくりと落ち着いた雰囲気です。築後10年が経過していますが、ステージからは木の香りが漂ってきます。

 また、このホールは音響がいいことでも有名です。天井、壁面は音響を考えた造りになっており、ステージにはとても大きな音響反射板がつり下げられています。このホールは、プロによるクラッシックコンサートから、小学生の学芸会、住民のカラオケ大会まで多彩な催しに利用されています。このステージで楽器を演奏したり歌ったりできるのは、さぞかし気持ちいいだろうと感じました。

 観客席は隣を気にすることなく、ゆったりと座ることができます。車椅子でそのまま入れるスペースもあり、バリアフリーにも配慮されています。

写真

 緞帳(どんちょう)はロールカーテン式ではなく、板としてまっすぐ下りてくる重厚な造りになっており、旧小田町をイメージしたデザインが施されています。題名は「ふるさとの詩」で、内子町の文化財に指定されている樹齢1300年の大きなイチョウの「木」、山の神の火祭りの”火文字”のモチーフ、赤い色味で小田深山の紅葉を表現するなど、一枚の緞帳に旧小田町の魅力がたくさん描かれています。 ステージの上で踊っている人のようにも見えとても綺麗でした。

写真 写真

 ステージ裏にある控え室も設備がとても充実しています。大楽屋、小楽屋があり、それぞれに大きな鏡、トイレやシャワーが付いており、ステージに立つ前にリラックスして準備ができます。
 ステージ脇にはピアノ庫があり、コンサート用の長いグランドピアノが入っています。このピアノはスバルの開館時に、旧小田町出身の有志の方により組織された「小田郷会」の方々から寄付をいただいたものです。
 ステージに立つ方にも、それを観る方にも、利用するすべての人にとてもやさしいホールでした。

チェック

スバルのイルミネーション

写真

イルミネーションは年を重ねるごとにきれいになっています。
ぜひ、見に来て下さい。
開催期間 12月1日~年1月15日
点灯時間 18:00~23:00
※電力供給状況によっては、開催期間の変更又は中止する場合があります。

MAP

Google Mapで見る

ページトップへ