遊ぶ

With特集With特集を見る

Vol.56
西予・内子のリニューアル特集

 西日本豪雨災害からみごと復旧した「乙亥会館」、新しく生まれ変わったあけはまシーサイドサンパーク内の「あけはま〜れ」、ますます買い物がしやすくなった「からり」を巡ります。

乙亥会館

平成30年(2018)7月の豪雨災害から約1年半、令和2年(2020)5月26日に乙亥会館は復旧しました。乙亥会館は2階の床から約20cm上まで水没し、1階にあったアリーナや温浴施設など主要設備は壊滅。しかし現在は復興のシンボルとして堂々とした姿を見せてくれています。

あけはま~れ

「あけはま〜れ」は令和2年(2020)7月にオープンした温浴施設(しお湯)と宿泊施設とレストランで、「あけはまシーサイドサンパーク」の一部です。以前は民宿「ふるさと」と塩風呂「はま湯」がありましたが、建物の老朽化と津波対策で元の場所には建てられず、高台に二つの施設を統合して作られたのが「あけはま~れ」です。

内子フレッシュパークからり

道の駅にも指定されている内子フレッシュパークからり。平成31年(2019)4月に一部がリニューアルされ、ガラス張りの建物の中に直売所が入り、ゆったり買い物ができるようになりました。

ページトップへ