うぃず

前のページへ戻る

須崎海岸(西予市)

*

名称 須崎海岸
住所 〒796-0901
愛媛県西予市三瓶町周木
TEL 0894-62-6403(四国西予ジオパーク推進協議会)
駐車場

インフォメーション

須崎海岸

 この須崎海岸が脚光を浴びるきっかけとなったのが、「四国西予ジオパーク」の認定です。昔から「きれいな海岸」として広く知られていたものの、黒瀬川構造帯の一部が露頭している場所とわかったのは最近のこと。

*

*

 「須崎海岸入口」の看板から284段の階段を下りますが、このあたりは「魚つき保安林」といって、良い漁場となるように森林が保護されているんだそうです。その森林を抜けると目の前に海が広がります。そこから遊歩道を右へ進んで行くとゴツゴツした岩肌を間近に見ることができます。この時点ですでに斜めの地層が見られますが、奥にいくにつれて垂直になってきます。

*S字に曲がっている

 しばらく進むと、途中でこのように地層が褶曲した部分を見ることができます。地層は水平に積もりますが、その後強い圧力がかかるとこのように曲がるそうです。

この石は凝灰岩 (ぎょうかいがん)という火山灰が固まった石で、岩石の中ではやわらかいのが特徴です。このあたりにはそのように曲がった地層が見える場所がいくつかあるので、探しながら先へと進みます。

約4億年前の地層

*

* *マンモス岩

 遊歩道の終わりには絶景が隠れていました。青と黄色の同じストライプの大きな岩が海に二つ浮かんでおり、小さな湾になっている山側もそれが続いているので、岩の模様に圧倒されます。

 この巨大な縞模様の正体は約4億年前の火山灰が降り積もってできた地層で、この須崎海岸では、水平に重なった模様が地殻変動の影響で縦になっています。また、この辺りの石灰岩質の地層の中でサンゴの化石が見つかったことから、この大地はオーストラリア大陸と同じ大陸だった可能性があるということです。この日は潮が満ちていましたが、干潮時には二つの岩とその間の海底の縞模様が続いている様子が観察できて、さらに綺麗とのこと。また、海から眺めることができるクルージングもあるそうですよ。

チェック

寝観音

写真

 対岸からこの須崎海岸を眺めると、観音様の寝姿に見えることから「寝観音」と呼ばれています。須崎園地にある観音像が「まつげ」にあたるそうですよ。寝観音に見えるポイントは「二本松海水浴場」バス停付近。是非一度ご覧下さい。

MAP

Google Mapで見る

ページトップへ