うぃず

前のページへ戻る

西予市城川歴史民俗資料館(西予市)

写真

名称 西予市城川歴史民俗資料館
住所 〒797-1717
愛媛県西予市城川町下相568番地 map
TEL 0894-82-1111
営業時間 8:30~17:00
休館日 毎週火曜日(祝日の場合はその翌日)、
年末年始
入館料
一般 100円
小・中学生 50円
●(団体10人以上)
大人/70円、小・中学生/30円
駐車場 有り 普通乗用車100台、バス2台(役場駐車場)

インフォメーション

城川歴史民俗資料館 本館

写真 写真

 昭和55年に建てられたこちらの施設では、城川町から集めてきた民俗資料を豊富に展示しています。

写真町指定有形文化財 六つ鹿踊の面「鹿面」

 1階に飲食生民具、稲作用具、養蚕道具、山の道具などの民具を、2階には歴史関係の古文書、また南予で最も古いと言われている貴重な六つ鹿踊の面や、古い和鏡など市の指定有形文化財となったものも展示しています。

写真ジオラマ

 また、城川町は考古学ではかなり有名な石器や土器が出土している場所で、穴神洞・中津川洞遺跡二つの遺跡から出土した遺物を展示しています。
 その時の風景をジオラマと言う形で展示しており、山の風景、石器を作る風景を再現した大変めずらしいものです。

写真 写真

 城川町は化石が出土するところとしても有名で町内で発掘された何十億年前のアンモナイトが展示されています。その他に穴神洞・中津川洞遺跡出土品の土器片や石器(鏃)、また8,000年前(縄文時代)の人骨や剥片も見ものです。

かやぶき屋根の民家

写真  写真江戸時代の消防ポンプ

 かやぶき屋根の民家を本来の姿のまま残そうと移築した、築約150年(明治初期)の建物です。ここも町内から集められたいろいろな道具が置かれており、昔の生活を今に伝えています。民家や人々の生活の歴史に触れるために訪れてみてはいかがでしょうか?

チェック

縄文時代の人骨

写真

 中津川洞遺跡で出土された8,000年前の女性骨が蔵内に展示してあります。発見された当時の様子も写真で展示されています。

MAP

Google Mapで見る

ページトップへ