うぃず

前のページへ戻る

小野地蔵尊座像(大洲市)

写真

名称 小野地蔵尊座像(市指定有形文化財)
住所 〒799-3431
愛媛県大洲市白滝 map
TEL 大洲市白滝公民館
0893-54-0301
開館時間 見学される方は
大洲市白滝公民館へお電話ください。

インフォメーション

小野地蔵尊座像

写真

写真 写真

 白滝小野集会所(西瀧寺末庵伽羅陀山宝幢寺)に安置されている小野地蔵尊座像は、江戸初期の作品で、1774年(延享元)に修復され、仏像、台座、光背(こうはい)もしっかりしています。像高166cm(台座を含む)、胸幅35cm、膝幅73cmの寄せ木造りで玉眼(ぎょくがん)を嵌入(かんにゅう)している、岩座の座像です。

写真

写真 写真

 和室に入ると一角だけ華やかで、その中心にある小野地蔵尊座像の大きさに圧倒されました。木造とは思えないほど艶やかでした。お地蔵様と聞いていたのでこれほど大きく立派なものだとは思いませんでした。そのお地蔵様を守るように左右にある像もとても立派なものでした。

 『白滝村史』によると、小野地蔵尊座像は小野篁(おののたかむら)(802~852年)の作といわれており、昭和7年4月の調査で油紙に包まれた修復前の古仏体の一部分が発見され、油紙には「延享元年9月24日古木本尊皆用いる云々」とありました。これにより、村民一同益々信仰を厚くし、堂屋を改修し、また塀垣を修復して、一層祭祀を正しくしたとあります。

写真 写真

 安置されている和室には堂屋を改修する前の西瀧寺末庵伽羅陀山宝幢寺だったころの写真と文化財指定書も飾られています。小野地蔵尊座像は平成2年9月に長浜町有形文化財に指定され、のち大洲市指定有形文化財になりました。

写真  写真「子供相撲大会」の様子

 昔から旧暦の3月24日を地蔵祭りと称し、肱川流域の大きな祭りのひとつでした。例年4月24日に開催されていましたが、平成13年から4月の第3日曜日に開催され、小野地蔵供養の後集会所の正面広場では福(餅)撒き、子供相撲大会で賑わいます。

MAP

Google Mapで見る

ページトップへ