うぃず

前のページへ戻る

大洲市河辺歴史民俗資料館(大洲市)

写真

名称 高昌寺
住所 〒791-3310
愛媛県喜多郡内子町城廻117
map
TEL 0893-44-2409
ご本尊 聖観世音菩薩
宗派 曹洞宗
主な年中行事 1月1,2,3日:修正会
2月3日:星まつり
3月14日:心経千巻奉誦会
3月15日:涅槃まつり
4月8日:釈尊誕生奉祝会
4月27日:当寺開山御征忌
12月31日:除夜大梵鐘百八聲
ホームページ http://www.cnw.ne.jp/ ̄koushouji/

インフォメーション

高昌寺

写真 写真

 八日市・護国の町並みから少し北へ上がったところに、古く趣ある山門が見えてきます。室町時代に創建された高昌寺です。

 本堂を中心に中雀門、開山堂、選仏場、近年改築した勧学寮などが回廊で結ばれており、伊予のミニ永平寺とも呼ばれているそうです。

写真 写真

 文化4年(1807)の火災で本堂が焼失、再建の際に大きな楠を使用したことから楠寺と呼ばれることがあります。戸板の幅が85cmや93cmのもの、一枚天井に160×160cm、欄間に360×70cm、板張り廊下の一枚も幅が広く、随所に使用してある楠は圧巻です。

石造涅槃仏

写真

 高昌寺18世慈舟台漸和尚によって創始された「ねはんまつり」は250年の歴史をもつ春まつりです。このおまつりにちなんで、平成10年に長さ10m、高さ3m、重さ約200tの石造涅槃仏を建立されました。涅槃はお釈迦様の最後のお姿、その最後の教えが八戒「少欲、知足、遠離、精進、正念、定、智慧、不戯論」です。これらを身近に感じて実生活に活かしてもらえるよう、涅槃仏をお迎えしたそうです。上屋がありますので10年経った今でも白御影石が真っ白で美しく、やさしいお顔をされた日本最大級の石造涅槃仏は必見です。

チェック

伊勢ヶ杜神社

 あるとき住職が高昌寺の裏山で、「大神宮」と書かれた古い額を見つけました。また、そこには廃屋となったお堂もあったようで、調べたところ伊勢神宮に関連のあるものとわかり、社を再建しお奉りしたそうです。

写真 写真 写真

 ここから眺める内子の町並みは絶景で、とくに町並み通りと本通がこの地点で道が交わって見えます。ぜひ涅槃像だけでなく、こちらへ登ってすばらしい眺望をご覧下さい。

MAP

Google Mapで見る

ページトップへ