うぃず

前のページへ戻る

宇和米博物館(旧宇和町小学校)(西予市)

*

名称 宇和米博物館(旧宇和町小学校)
住所 〒797-0015
愛媛県西予市宇和町卯之町2-24
TEL 0894-62-6517
開館 9:00~17:00(入館は16:30まで)
休館日 月曜(休日の場合は翌日)年末年始(12/29~1/3)
料金 見学無料
ぞうきんがけ体験 200円
(10名以上の場合は、1週間前までに要予約)
設備等 旧宇和町小学校校舎、第二校舎、講堂(ともに市指定有形文化財)、カフェ(オープン予定)、駐車場
URL http://komehaku.jp/

インフォメーション

宇和米博物館(旧宇和町小学校)

 旧宇和町小学校の木造校舎は、建築物としての評価と地元の方の残したいという希望から、当時の宇和町長が愛媛県に働きかけ、現在の場所に移築・保存が決定しました。校舎内部は「宇和米博物館」として、宇和で生産されているお米や農機具などの資料を展示し、さらに「リノベーション推進事業」により平成29年(2017)4月から指定管理者(公共施設を民間が管理運営する仕組み)による管理運営がスタートしました。

109mの長い廊下

*

 現在の宇和町小学校を見下ろす高台に移築された建物のうち、ひときわ大きな木造建物が第一校舎。この廊下が全長109m、土間から教室の間に柱や扉がまったくなく、1本の廊下がずーっと続いています。

 その廊下の長さを利用して、平成16年(2004)から雑巾がけの大会「Z-1 グランプリ(ぞうきんがけレース)」が開催されています。多くのメディアに取り上げられたこともあり、来場者の二人に一人は「ぞうきんがけ」を体験するそうですよ。

*講堂 *第二校舎

 日本で同じように長い廊下のある木造校舎は8つほどですが、旧宇和町小学校はその中で4番目に長いそうです。また、校舎の裏には大正時代に建築された第二校舎と講堂も移築されています。

*

 12教室あるうち、最初の教室は受付スペース。Z-1 グランプリの結果が掲載されていたり、ぞうきんがけ体験の申込みはここで行います。

* *

 受付の隣から続く4つの教室内には、弥生時代の米粒の展示、稲作のしくみや、西予市の米の歴史の他、現代に至るまでの農機具の展示もありました。他にも、小学校当時の教室の机や椅子をそのまま展示している部屋もあります。

リノベーション推進事業

*

 2017年から新たな取り組みが始まり、オフィス機能をもたせたスペース、教室内すべてが黒板になっていて、なんでも自由に落書きできる「黒板ルーム」など、多様なリノベーションが行われていました。

*レンタルスペース *コワーキングスペース

 地元の若者にもっと気軽に起業してもらうよう設置された「コワーキングスペース」や「シェアオフィス」、インターネットにつながるPCがおいてあるレンタルスペース、宇和米博物館にちなんで「プラントオパール(地中に含まれるイネ科植物の物質)」の研究室など、用途は様々です。

 教室が広いため間仕切りのガラスやデスク、棚がなんともオシャレに配置されてありますが、廊下では「ぞうきんがけ」体験が行われている、ちょっと変わったオフィスになりそうですね。

*

 さらに、校舎の裏に同じように移築された第二校舎と講堂も研究やイベント等で使われるそうです。第二校舎の隣には、浴室棟があり、こちらの建物もリノベーションしてカフェがオープンする予定だそうです。カフェをやりたい人たちが豆の煎り方・挽き方などを学ぶ、人材育成機関も兼ね備えています。

 なにより、このテラスからの眺めが最高です。卯之町の町並みを見下ろし、田園地帯のその先には宇和海が広がります。卯之町へ来たら、ぜひこの新しくなった宇和米博物館まで足を伸ばしてみてくださいね。

MAP

地図
ページトップへ