うぃず

前のページへ戻る

稲荷山公園(大洲市)

*

名称 稲荷山公園
住所 〒795-0069
大洲市新谷
TEL 0893-24-1719(大洲市役所都市整備課)
駐車場 有り

インフォメーション

稲荷山公園

*鳥居の右側がモミジ山 *トイレ

 大洲と五十崎にまたがる神南山の西のふもと、新谷公民館から車で10分ほど(JR新谷駅から徒歩15分)のところに稲荷山公園があります。稲荷山公園と稲荷神社を含むこの辺り一帯は紅葉山ともよばれ、大洲市の名勝に指定されています。

 階段をしばらく上ると最初の鳥居が見えてきます。その鳥居をくぐり、参道を進むとトイレ、土産物屋を過ぎると稲荷神社が見えてきます。その参道の右側の山手、この斜面一帯に稲荷山公園が広がります。

* *霧が立ちこめると幻想的

* *ほかの木より幹が太い老楓

 撮影時は全体に紅葉はしていなかったものの、ところどころで真っ赤に染まったイロハモミジの葉を見ることができました。

 江戸時代、新谷の藩主が参勤交代の帰りに京都の高雄(紅葉の名所)でモミジを愛で、そこの苗木を持ち帰らせ稲荷神社の境内に植えたと言われています。その後もモミジを植樹し続け、現在では約3,000本が植えられています。高雄から持ち帰った樹齢200年の老楓も数十本あるといい、確かにひとまわりもふたまわりも幹の太い楓があちこちに見られました。

 このきれいなモミジを後世に残そうと、代々小さな苗木を植えてきてこの数になったそうです。しかし、他の木々が日当りや景観を損ねかねないので、新谷商工会が委託され、公園の管理を行っており、稲荷神社の鎮守会の方々も掃除をしてくれます。

紅葉まつり

* *

 大洲市の紅葉の見どころといえばこの稲荷山公園と白滝公園。毎年紅葉の季節になると紅葉まつりが開催されます。期間中(11月中)は名物「鍋焼きうどん」やあったかいおでんなどの食堂のほか、紅葉まんじゅうなどのお土産物屋もオープンします。

* *

 公園内に桟敷(舞台)があり、そこでおまつり期間中は休日ごとに観葉会、お茶会などのイベントを行っています。色づきは気候条件により変わってきますが、いつまでもモミジが元気でいてほしいです。

稲荷神社

* *

 現在の本殿などの建物は江戸時代に建設されています。この時期の稲荷神社の見どころは、赤い鳥居の両脇に佇む老楓と、黄色く色づいた銀杏のなんとも言えないコントラスト。この銀杏も立派なので、一見の価値ありです。

チェック

銀河鉄道999 松本零士こころの古里 新谷

* *

 稲荷山公園がある大洲市新谷地区は、漫画家 松本零士さんが幼い頃、戦争中に疎開していた場所です。

 神南山のふもとに母親の実家があったそうで、霧の中を走る列車やまわりの豊かな自然、夜空の星が「銀河鉄道999」の原風景となっているようです。

 今でも松本零士さんは新谷を訪れ、イラストイベントや食事会などを開いているそうで、町ぐるみで「銀河鉄道999 松本零士こころの古里 新谷」を積極的に発信しています。新谷公民館には「銀河鉄道999」の「始発駅」の看板があります。ぜひ、お立ち寄りください。

MAP

Google Mapで見る

ページトップへ