うぃず

前のページへ戻る

碁石ヶ森北側の枕状溶岩(西予市)

*

名称 碁石ヶ森北側の枕状溶岩
住所 〒797-1434
愛媛県西予市野村町大野ケ原
TEL 0894-62-6403(四国西予ジオパーク推進協議会)

インフォメーション

碁石ヶ森北側の枕状溶岩

*

 何気なく通り過ぎてしまう道路なのに、注意深く観察したくなる場所がこのポイント。道路沿い数十メートルに渡り枕状溶岩がきれいに見られる一帯です。

*写真この道沿いに続いている

 一見、丸い石を石垣のように積んでいるように見えますが、この形状が枕状溶岩の特徴です。成分やできる状況によって異なりますが、深い緑色をしており、玄武岩と呼ばれる火成岩です。海のすごく深い場所、大陸が割れる海嶺という海底火山からマグマが噴出すると、海中の水圧で丸まった状態で固まります。それが枕が重なったような形をしているので、枕状溶岩というそうです。

 この海底火山の近くは海水が温かくなるのでサンゴができやすく、その結果、石灰岩となるため枕状溶岩と石灰岩はセットで出てくることが多いそうです。この碁石ヶ森は四国カルスト大野ヶ原の下方にあり、石灰岩との境目も確認されているとのこと。道が狭いので観察する時は車に注意してください。

MAP

Google Mapで見る

ページトップへ