うぃず

前のページへ戻る

茅葺き民家交流館 土居家(西予市)

*

名称 茅葺き民家交流館 土居家
住所 〒797-1432
愛媛県西予市野村町惣川1290番地map
TEL 0894-76-0636
営業日 見学時間 :9時~17時
宿泊利用時間:16時~翌10時
●休館日
毎週月曜日(祝日及び振替休日にあたるときはその翌日)
年末年始(12月29日から1月3日)
料金 入場料 :無料
見学は自由です。
●使用料
区 分 基本料金
(4時間以内)
追加使用料
(1時間毎)
備考
大 人 一人当200円 基本料金の1割加算 大学生以上
子 供 - - 小・中・高生

●宿泊料(食事は別料金です)
区 分 1人
1部屋使用
2人以上
1部屋使用
備考
大 人 5,000円 3,000円 大学生以上
子 供 3,000円 2,000円 小・中・高生
※1日1組限定となっております。
※簡易宿泊施設のため、寝間着やタオルなどの備え付けはありません。
その他 駐車場 :有り 20台
宿泊、施設使用とも予約が必要です 。

インフォメーション

土居家

 土居家は茅葺き木造民家としては四国最大級の規模と歴史を持っています。その茅葺き屋根と軸組み部材の大きさ、樹齢数百年の屋敷林を背景にたたずむ姿は、180年余りの歳月を経た今もなお、訪れる人に感動と郷愁の想いを与え続けています。

 大釜は、造り酒屋の酒米を蒸すお釜です。1800年頃から始められ、昭和30年頃まで酒が造られていました。1日に約10俵(600kg)の米を蒸すことができました。

 この家を支える大黒柱は1辺が52cm・高さが10mもあり、現在の建築様式なら、この1本で1軒分の部材がとれると言われています。材質は松で、40トンにも及ぶ茅葺き屋根を支えています。また、幅60cmもの差鴨居や巨大な梁(はり)など、構造部材の大きさも感動的です。

 土居家は、四国に存在する茅葺き民家の中では最大級といわれています。その規模は、標準的な茅葺き民家の4倍はあります。

 当時、本座敷は主人が使っており、畳1帖分もある「欄間」や建築当時に描かれたふすま絵は見ごたえがあります。

 宿泊時には、本座敷にて夕食をおとりいただけます。内容は季節により異なりますが、なるべく地元の食材や旬の野菜などを使いご用意くださるそうです。

離れ

 母屋から渡り廊下を渡ると、明治時代に建てられた2階建ての「離れ」があります。離れはそれぞれの階に6畳・4.5畳・4畳の3部屋があり、1階には茶室があります。2階に上がると、土居家の茅葺き屋根を同じ目線で見ることができ、下から見る茅葺き屋根とは違う姿を見せてくれます。宿泊はこちらの離れを利用します。

チェック

農村体験交流館

 農村体験交流館ではお土産も販売しています。大正時代の蔵を修復しており、吹き抜けの空間では、食事や喫茶でおくつろぎいただけます。


 2階に上がると広間があり「惣川の歩み」が詳しく展示されています。また「土居家の歴史」を始め「茅葺き屋根の解体」「村人の暮らし」なども展示しており180年の歴史を知ることができます。

MAP

地図
ページトップへ