プロフィール

宮本真希(みやもとまき)

出身 愛媛県八幡浜市
生年月日 1977年12月12日 射手座
趣味 絵画制作
身長 162cm

○出演作品
「映 画」
1999年1月
東映系「おもちゃ」(監督:深作欣二)主演
1999年10月
東映系「DREAM MAKER」(監督:菅原宏志)出演
2002年秋(公開予定)
日中合作映画「黄龍(Wong long)!イエロードラゴン」主役

「テレビ」
2001年1月~
NHK時代劇ロマン「藤沢周平の人情しぐれ町」おとき役
2001年1月
TBS「世界ウルルン滞在記~オーストラリアアボリジニ篇」
2001年3月
TBS「浅見光彦シリーズ15 志摩半島殺人事件」岩崎夏海役
2001年9月~
TBS愛の劇場「ラブ&ファイト」主演 上原真希役
2002年4月~
NTV「天国への階段」寺島亜木子役

○賞
'98東京国際映画祭最優秀女優賞受賞
'99第9回日本映画批評家大賞新人賞受賞
第23回日本アカデミー賞新人俳優賞受賞
 
○そのほか
えひめ広域スポーツセンター「イメージキャラクター」
愛媛県「いよかん大使」 

バックナンバーはこちら

 八幡浜の段々畑を見るとホッとしますね。いつでも私の心を童心にかえらせてくれます。食べ物といえば、やっぱり「じゃこ天」でしょうかね。「けずりかまぼこ」も都会っ子を驚かせるアイテムです。

 私にとって故郷の存在は宝物です。
 港の方から聞こえるトンビの鳴き声や、郵便配達のバイクの音、ゆったりと流れる時間等。最高のぜいたく。それがある私は幸せ者ですね。田舎について、愛媛で生活していた頃は、都会への憧れからなのか少し後ろめたさを感じていました。進学して、周りに都会出身者が多くなると、一時は昔にも増して田舎のことを口にすることに抵抗を感じていました。
 でも、社会に出て、高速な時間の流れの中に入り、ふと休憩したくなったときに足が向くのは、緑の多い山や、カモメの飛んでいるような海、必ず自然の中でした。そんなとき都会出身で田舎のない友人が「愛媛に行ってみたい」と言い、一緒に愛媛に帰ったんです。初めて田舎があるということを羨ましがられました。当たり前のようにかたわらにあると気が付かないもので、友人によって田舎というものを受け入れるようになりました。今では帰省も私の楽しみの一つです。

 子供の頃はおてんばな子供でした。近所までの移動は必ずといっていいほど一輪車だったり。(笑)
 そして、子供の頃はじめたクラシックバレエがきっかけとなって、女優をめざしはじめたんです。踊りとか歌とかお芝居に興味がありました。その後、宝塚に入って一通りの事を経験してみて、その中でどれか一つを選ぶとなったとき、舞台の役者さんよりも、映画に出てみたかったんです。

 今、年々ペースがつかめてきていると思います。自分の中では来年?、再来年あたりに大きく花を咲かせたいな。無色透明である事が女優「宮本真希」としての永遠のテーマだと思っています。

 「西伊予」は、私たちを心地よく迎えてくれるふるさととして、変わらず「のどか」であったかい場所であって欲しいです。
 私も、西伊予のみなさんが鼻高々に出来るくらい活躍したいです。応援よろしくお願いします。

ページトップへ